SPECIAL スペシャル

  • 本PV

  • 番宣CM

  • ティザーPV

  • キャラクターPV:マイン

  • キャラクターPV:フェルディナンド

  • キャラクターPV:トゥーリ

  • キャラクターPV:ルッツ

  • キャラクターPV:ベンノ

用語
説明

マイン作…

髪飾り
レース編みで作った髪飾り。トゥーリの洗礼式のために作った。
簡易ちゃんリンシャン
メリルの油と塩、匂い付けの薬草で作ったシャンプーの代用品。頭のかゆさが限界だったマインが作った。髪が艶々になる。
マインの髪を留めるための物。トゥーリが木を削って作ってくれた。最初、トゥーリの人形の足をかんざしに代用しようとして、トゥーリに泣かれかけた。
洗礼式
七歳を迎えた子供を祝う儀式。季節の初めの季節の日に行われる。子供たちは白い晴れ着を着て神殿に続く大通りを練り歩き、街中の人に祝福して貰う。洗礼を受けた子供は見習いとして働き始める。
パルゥ
冬の間にしか現れない魔木。パルゥの実はよく晴れた朝にしか採ることができない。樹液はココナッツミルクのようにとろりとして甘い。貴重な冬の甘味。油は食用にもランプにも使える。搾りかすは鳥の餌にする。
パルゥケーキ
鳥の餌にしていたパルゥの搾りかすで作る。おからに似たパルゥの搾りかすに果汁、卵、牛乳を混ぜてバターを溶かした鉄板で焼いて作る簡単ホットケーキ。ルッツやラルフ、兄たちの胃袋を満たした。
豚肉加工の日
長い冬に備え、街のみんなで豚を解体して塩漬けや燻製、ベーコン、ポットミール、ソーセージなどを作る日。トゥーリ曰く「ちょっとしたお祭り」。農村で行われる。解体作業に参加しないと肉は貰えない。
冬の手仕事
冬の間におこなう家での内職。エーファは服作り、トゥーリは籠作り。麗乃時代のおかんアートで新聞の折り込み広告で作る籠作りをしたことがあるマインは独自の工夫を凝らしたトートバッグを作る。
メリル
アボカドに似た木の実。緑色の油が採れる。採れた油は簡易ちゃんリンシャンに使用する。

本好きの下剋上
~アニメを楽しむためにはインタビューしないといけません~

第一章

――本を偏愛する大学生・本須麗乃が本が貴重な世界に転生、マインとして本作りに奮闘する日々が描かれる本作ですが、作品をご覧になった第一印象についてお聞かせください。

井口裕香(以下、井口):最初はマインの転生物語だと思って手を付けましたが、ただ転生して新しい世界で奮闘するだけではなく、ファンタジー要素も盛り込まれた物語であることに驚きました。
そんな本が貴重な世界で、本がないと生きていけないくらい本好きな麗乃が、マインとして自分の想いに正直に生き、奮闘する姿がとても印象的で。命を懸けられる何かがある人は、こんなにもパワフルなんだなと思いながら読み進めていきました。

速水奨(以下、速水):ライトノベルの括りだと伺って読み始めましたが、かなりヘビーな物語でした。読み進めていくに従って、転生後の世界がリアルに構築されていることを実感しますし、自分がエーレンフェストの街にいるような感覚に陥り、物語の中に没頭できるような印象を受けました。
その中で、もはや“本好き”という枠に収まらないほど、本に対して熱意を持った麗乃がマインとしてこの世界にやって来て、彼女流のやり方で世の中をかき乱していきます。ゆくゆくはエーレンフェストの街だけでなく、ユルゲンシュミットという国をも揺るがすようになりますが、その過程でマインが人間として成長していく姿や、壁を乗り越えることで広がっていく波紋は、読んでいて非常に心地よかったです。また、そこで登場する決して一筋縄ではいかない人物たちと関わっていく構図も面白く感じました。

――転生前の知識で難なく壁を乗り越えるのではなく、地道なトライアンドエラーで一歩ずつ進んでいく過程は魅力的ですよね。そんな本作で井口さんは、主人公のマインを演じられます。

井口:見た目こそ幼女のマインですが、心や頭脳自体は麗乃なので年齢のわりに落ち着いていて、そのギャップが印象的でした。虚弱な身体に転生してしまいましたが、精神的にはとても強く、本に懸ける想いは驚くほどに情熱的で。まさに“死んでもいいから本が読みたい!”と魂を燃やしながら生きているようで、その情熱を原動力にして前進するキャラクターだと思いました。
作中では、麗乃として生きていた頃の知識をフル活用して、マインの世界で本を作るために紙を作り始めるところからスタートします。そこで奮闘する姿や、好きなもののために一直線なところは彼女の魅力だと思います。好奇心旺盛かつ、本のことになると自分でも止められないほどの熱量で、初めて見たときに感じた“ツヤっとした青髪の可愛い女の子”という印象から、私の中で大きく変化したキャラクターです。

――速水さん演じるフェルディナンドは、マインの庇護者兼教育係という役割を担っています。

速水:フェルディナンドは神官長という立場もあり、本来であればマインと出会うことのない身分の人間だと思います。ですが、本作りに全力を尽くすマインという渦の中に、フェルディナンドが巻き込まれていったような気がしていて。それがきっかけになり、色々な化学反応が起きて世の中が大きく変わっていきます。主に麗乃の本好きが原因になっていて、彼としてはいい迷惑だと思うところがあるかもしれませんが(笑)。
また、フェルディナンドは一見するとクールな青年ですが、芸術にも造詣が深かったりと内側には色々な想いを秘めていて、登場人物の中でも人間性が豊かなタイプなのではないかと思います。そんな彼だからこそマインと交流ができる。フェルディナンドがいたからこそマインは歩みを進められるし、マインがいたからこそフェルディナンドは人間として成長することができるのだと感じます。

本好きの下剋上
~アニメを楽しむためにはインタビューしないといけません~

第二章

――キャラクターを演じられるにあたって、役作りはどのように取り組まれたのでしょうか。

井口:マインは麗乃としての20代の感覚もある子なので、見た目の年齢ほど幼く演じるのではなく、俯瞰で物事を見ることができる冷静さは意識しました。……先ほどからお話している通り冷静になれないところもありますが(笑)。実際に監督や先生からも、マインを演じる上で幼さは意識せず子供っぽく作り過ぎないようにとご説明いただいたので、ただの子供ではないという点を意識して演じました。
また、序盤は彼女のモノローグがとても多いので、相手に向けて喋っているセリフと、彼女の中で渦巻いている心の声、この違いを視聴者の方に上手く伝えるためにはどうすればいいのかは試行錯誤しました。

――なるほど。一人二役とまではいかないものの、麗乃とマインのギャップはネックになりそうですね。

井口:演じていて楽しいところではありますが、難しいポイントでもあって。ただ、大好きな本への誠実な気持ちや、本作りという揺るがない目的に突き進む性格が指針になり、演じる上で迷うことは多くなかったように思います。目的に対して一直線に奮闘する姿は、個人的に共感できる部分があったので、大きく役を作るというよりは、心のままに演じられた気がしますね。

――ちなみに、その似ているところは?

井口:この前、奨さんにも意外だと言われましたが、マインのように生きていく上であまり器用になりふり構っては生きていけない、好きなものために一直線に生きてしまうタイプなんです。言葉を選ばずに言うなら……欲のために生きている(笑)。

一同:(笑)。

井口:そんなところは麗乃と似ているのかなと思います(笑)。

――速水さんはいかがでしょうか。

速水:実はフェルディナンドは、僕が昔から演じてきたタイプのキャラクターなんですよね(笑)。でも、昔から演じているからこそ、今の僕がそういった役に挑戦したらどうなるんだろう、という楽しみがあります。
また、彼は20歳ですが年齢感はあまり意識せずに、貴族や神官長といった立場から隙のない人物として完成度高く演じるよう心がけています。そんな彼がマインと出会うことでどのように変わっていくのか。彼の中に生じる変化を楽しむために、冒頭からピシッと演じることを念頭に置いて臨みました。
ちなみに僕のスタイルとして、フェルディナンドのような役を演じるときは、マイクに立つ寸前に他の情報を入れないように集中しているんです。そこで生じるピュアさを役に反映できればと考えていて。

――演じる前はその役のことだけを考えてスイッチを切り替えていくと。

速水:そうですね。きっちりとスイッチを入れるようにしています。なるべく雑念を追い払いながら(笑)。

――雑念なんてそうそう現場に渦巻いていないのでは?(笑)

速水:いやいや、渦巻いてますよ!(笑)

井口:私をはじめ他のキャストもたくさん喋ってますしね(笑)。

速水:それにゆで卵の臭いがね(笑)。

――ゆで卵?

井口:はい(笑)。朝からの収録現場なのですが、たまたまお昼ご飯にゆで卵を持ってくる人が何人かいて、そこで「あのゆで卵が美味しい」という情報共有をしつつ、みんなで休憩時間にペキペキと殻を剥いていて……。

速水:やっぱり卵の臭いって結構するじゃないですか。

井口:だから(ベンノ役の)子安武人さんに「卵臭い」と笑いながら言われたり(笑)。

――みなさんがゆで卵を剥いている現場なんて初めて聞きました(笑)。

速水:なかなかないですよね、板東英二さんじゃないんだから(笑)。

井口:本当に!(笑) でも美味しいんですよね~

速水:ゆで卵なんてそんなに食べられる?

井口:もう無限に食べられますよ!

速水:えぇ~? そう言えば昔は駅に売ってたけど今でも売ってるの?

井口:売ってます! 時間がないときは駅で買ったりします。

速水:じゃあ冷凍みかんは今でも売ってるの?

井口:冷凍みかんはあまり見かけないですね……。

速水:そっか……。

――とても美味しそうな現場で何よりです(笑)。

速水:毎回差し入れをいただいて、美味しいお菓子がたくさんある現場なんですよ。

井口:先生やスタッフさんが持ってきてくださったりするんです。あとは週末にイベントに参加された方が、お土産で現場に持ってきてくださったりとおやつが多い現場で、誰が先に手を付けるかという駆け引きがあったり……まぁだいたい私なんですけど(笑)。そんな風に、みんなでおやつを食べたりコーヒー飲みながら楽しく収録は進んでいます。

――そう言えば、TwitterやInstagramにもアップされていましたが、キャストのみなさんでバーベキューにも行かれたんですよね。

井口:行きました! 楽しかったです!

――ご飯に行くときとかは誰が率先して呼びかけるんですか?

井口:そのときはむっちゃん(ルッツ役の田村睦心)がまとめてくれたんです。

速水:そうだね。なんでバーベキューに行く話になったんだっけ?

井口:(ギュンター役の)小山剛志さんが、裸になりたいって言った話から始まったんですよ。

――裸になりたい?(笑)

井口:小山さんが夏だから夏を感じたい、川とか海に行って裸になりたい……みたいな話をしていたんです。でも、さすがに川で準備するのも大変じゃないですか。

速水:屋形船の案も挙がったんだけど船だと遅れてきたら乗れないし、じゃあバーベキューでいいんじゃないかって流れになったんだよね。

井口:ただ、バーベキュー場に行っても16時現場の人が戻ってこれなくて大変なので、都心でバーベキューできるお店に行くことになったんです。だからきっかけは夏を感じたいと言う小山さんと、バーベキューを提案した奨さんの鶴の一声、それをまとめてくれるむっちゃんに、みんなが行く行く~と乗っかった結果ですね! まぁ脱ぎたいと言っていたのはひとりだけでしたけど(笑)。

本好きの下剋上
~アニメを楽しむためにはインタビューしないといけません~

第三章

――本がテーマになっている本作にちなんで、おふたりがこれまで読んできた本の中で感銘を受けた作品や、人におすすめしたい作品をお聞かせください。

速水:感銘を受けた本は本当に多くて悩みますが、僕が朗読の活動をする中でライフワークとして読んでいるのは、夢枕獏さんの『陰陽師』というシリーズです。こちらは本当に面白くてですね。舞台は平安時代、主役の安倍晴明と源博雅の前に色々なあやかしが現れて物語が展開していくのですが、作中で描かれる空気感や人間の情念が明確に表れている作品で、おすすめのシリーズです。

井口:奨さんのお声で読まれたらとても素敵になりそうですね!

速水:あとは、国語の教科書にも載ってる川端康成の『雪国』。最後まで読まれた人って意外と少ないんですよね。10月に仕事で『雪国』を朗読をすることになり、資料で本が送られてきて「今さら『雪国』なんて……」と思いながら読んでみたんですけど、これが面白いんですよ!

井口:どんなお話なんですか?

速水:雪国を訪れたお金を持っている東京の男と、そこにいる芸者さんとの色恋のお話というちょっとだらしない話なんだけど、文学に昇華されている景色や人間の心理描写が難しい言葉ではなくて、スッと入ってくるところが本当に素晴らしいと思ったんだよね。

井口:しっかり本を読んでいる方の意見だ……(小声)。

――井口さんは?

井口:私は全然……マインはすごいなぁと思いながら原作を読み進めていました(笑)。でも、今までのお話を聞いてハッと思い出したのが『ぼくの地球を守って』という漫画なんですが、本当に大好きで。姉がアニメも漫画もドラマCDも全部持っていたので触れましたが、本当に感銘を受けました。アニメには奨さんも出演されているんですが、あの作品も転生と言ったら転生ですよね。

速水:あの話はすごいよね、とても面白かった。それに社会現象にもなったよね。

井口:「私も生まれ変わりです!」と言っている人が雑誌に投稿することもあって(笑)。あの作品で得た知識も感情もありますし、当時姉と一緒に「カッコ良い!」と言っていたシオン役の速水さんとこうしてお仕事できていることも本当にすごいことだと思うので、私は『ぼくの地球を守って』を挙げたいと思います。

――ありがとうございます。では最後になりますが、放送を楽しみにしている方へ向けてメッセージをお願いします。

井口:原作を読んでいる方ならご存知の通り本当に壮大な物語で、読めば読むほど、先に進めば進むほど盛り上がっていく作品です。第1話はほとんどマインしか喋らないのですが、「なんだよフェルディナンド様が大して出てこないじゃないか」と1話切りをせずに、ぜひ第2,3話と観ていただければなと(笑)。
また、ただ転生するお話ではなく、異世界で何度も失敗しながらも本作りに向けて頑張っていく姿、そこで築き上げられていく人々との関係性や絆が見どころです。家族みんなで楽しめる内容なので、小さいお子さんから大きなお友達まで、ぜひ毎話じっくりと楽しんでください。そして、自分自身の中で、これがないと生きていけないものってなんだろうと、思い返しながら観ていただきたいと思います。

速水:この物語について色々と考えましたが、家族の愛という点がひとつのテーマだと感じました。マインの家族はもちろん、実はフェルディナンドにも裏にそういったお話があって。そんな家族愛の要素も含んで構成されているストーリーなので、寂しいときや疲れたときにこの物語世界に触れることで、心が豊かになったり感情を和らげることができると思います。ぜひ、毎話ごとに愛を味わっていただきたいです。

「本の日」スペシャル壁紙プレゼント

「本の日」記念の描き下ろしアニメ版権をスペシャル壁紙としてプレゼントします!

1.各サイズボタンをクリックして下さい。
2.リンク先の画像を保存して下さい。
(画像上で右クリック[名前を付けて画像を保存]等で保存して下さい。)